近況報告ー!。

こんにちは。
ごきげんうるわしゅう。
 
かなりご無沙汰でしたね。
ちょっと忙しさが結構半端なくなってきていて、日曜日すら半分くらいしか家に居ないとか、
そんな感じでした。
そんな日々も、16日で一旦落ち着いたに違いない・・・と信じていなくもない、そんな
状況です。
 
さて、近況としてもう少し具体的に書いちゃおうかと思います。
かなりリアル情報入っているので、面白みのかけらもないかもしれません。
 
 
いま追われている仕事は、1.5年前に始まった一つの量産プロジェクト。
某社との協業事業。
生産自体相手側がやっていて、うちでは主に解析などのデスクワークで済む範囲の
開発内容。
主なメンバーは自分入れて3人。
 
”本来の”各人の職務内訳は以下。
A(自分):研究業務50% 開発業務50%
B(12年先輩):研究業務50% 開発業務50%
C(26年先輩):管理業務10% 開発業務90%
 
現実の職務内訳は以下に。
A:研究業務10% 開発業務170%
B:研究業務90% 開発業務10%
C:管理業務90% 開発業務10%
 
上記の量産プロジェクトにかかわる職務は、ほぼすべて自分が対応することに。
内容は報告書が週A4紙5枚程度のもの。
報告書自体ももちろん書くことに。
そんな程度なので、週60hの実働時間以内で余裕でこなせた感じ。
 
それからかれこれ1年経ち・・・、昨年暮れから不具合連発。
不具合対策として、当社からも2名追加で対策強化することに。
 
D(9年先輩):開発業務100%
E(4年先輩):他開発業務50% 開発業務50%
 
しかし、現実は
A:研究業務0% 開発業務310%
B:研究業務100% 開発業務20%
C:管理業務100%
D:開発業務10%
E:他開発業務100%
 
なんということでしょう、自分の職務が倍に増えてしまいました。
対外的には見た目に人数が増えた分、仕事も倍にしてきます。。。
しかも、なんか知らんけど技術的にコアとなる部分の設計、解析は
ほぼすべてうちというか、自分個人にやらされてしまう羽目に。
ちなみに、相手側含めた総メンバーは50人程度の規模。
それだけ居て人一人に委ねるって何事。
 
というか、途中で人が増えたのに、ぜんぜん仕事が振り分けられないのです。
開発当初から参加していない分、現状把握すらままならないのは理解しますが、
2ヶ月も3ヶ月も経っても、私が解析している内容、設計している内容を
理解するだけで時間が過ぎてしまっているという。
しかもまだ5割くらいも理解できていないって言う現状。
そのせいもあるけど、理解できてるのが自分くらいしか居ないもんだから、
会議とか出席させられる上に、会議で発言してるのは自分しか居ないという。。。
その会議も12hとか馬鹿みたいに長かったりするし。
結局やってくれることといえば、お菓子とかご飯かってくれるとかそんな感じ。
あと議事録は書いてくれている。
資料もいまだに総て自分が作成しているという。
こんな内容誰でもできるだろ、ってことすら振ってくる。
申し訳ない申し訳ないと口では言いつつ、ぜんぜん行動に出てませんよ。
ってな感じで、仕事を振り分けることすら自分がしなければならないって言う。
なんで一番の下っ端が、「これならできますよね」「これしてください」とか
わざわざ指示しなきゃいけないんだ!
 
そんな流れで、先週末ちょっとびっくりなお話が。
流石にタスクに追われてしまい、徹夜してしまったんですが。
とりあえず30hぶっとうしで働きまして、会社のシステム上徹夜後は強制休暇な
わけなのですが。
帰宅途中、Cさんから「今日の会議にこれから出れないか」というびっくりな打診が。
出張申請自体できませんから!!!!!
ちょっとあきれて怒る気にもならなかったこの日。
 
話はそれだけでは終わらず、帰宅後とりあえず就寝したわけですが。
就寝後1h位したころにBさんから電話。
スルーしようかとも思いましたが、Bさんが一番気を使ってくれているし
頑張ってくれているので無下にもできず取ってみたら、想定どおり
お仕事の話。
相手側から質問があった様子。
内容の理解くらいお願いできないだろうか。
 
 
そんな感じで、先週末で一応局所的な忙殺期は過ぎたわけですが、開発は続くので
基本的に年末以降の忙しさは続行すると思われます。
1年経てば分業もできるでしょう・・・きっと。

カテゴリー: リアル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>