Dully。

季節のせいか、謎に体調が悪いです、こんにちは。
仕事も落ち着いたというより、自分がすべき仕事が一時減っただけで、
大して落ち着いておらず、GWも出勤の可能性がなくもなかったりする状況です。
そんな待ちの状態にありつつ暇つぶしな仕事をやりつつといった感じ。

さて、ROは鯖統合が完了したようで、、、すが、、、まだログインしていません。
Gvも見に行こうかと思っていたのですが、気がついた時には10時半でした。
時間管理はちゃんとしないとダメですね☆ミ
土曜日にも時間が出来ていたのですが、すでに課金切れの垢もちらほらあって。
面倒くさくなってログインせずでした。
来週こそは!って感じですが、GW突入なので微妙です。
とはいえ3週間後となると全部課金が切れてそうな予感。
1-2垢でも臨時とかで遊べそうですが、装備移動とか一切していなくてですね。
どうしようか困っちゃいますね。
ちなみに、統合前に狩場放置のキャラってそのままなんですかね?
後で狩りしようとわざわざ狩場まで運んで、その後統合までインせずなのですが。
今となってはどうでもいい気がしないでもない。

というわけで、配置図案第2弾は宣言通りR化後のやつを。
何にしようか悩みましたが、比較的新しいほうで、頑張ってみましょう配置に選ばれた
L5防衛配置図でも。
R化後は一気に欠陥砦が増え、というかR化前と比較してしまうとデフォで
欠陥になってしまうので欠陥もくそもないわけですが。
とりまL5も例に漏れず欠陥というか、R化後の防衛ライン引くには比較的微妙な砦と
言えます(理由は省略)。
でもなぜかL5が選ばれてしまったため、致し方なしにラインを引いてみた感じです。

前提条件:10人20PC規模(平均2PC)、7割後衛職(桜Gの実構成に基く)。

配置図中の構成:
騎(RK)3
暗(GX)1
悪(影葱)1
僧(修羅)0
十(RG)2
聖(アクビ)2
弓(連)1
魔(WL)2
賢(皿)1
錬(ジェネ)1
踊(湾)2
鳥(民)3
魂(リンカー)0
計19PC

人数減った後対応というか、最低構成要素として10人20PCとしました。
実際L5で防衛していたときは15人弱30PC弱の規模の時代です。
R化の影響で一番面倒だったのが、R化前ですら職の選択権は薄かったというのに、
R化後は皆無になった点です。
なのでもう居る職でどういう防衛ラインが引けるのか、という消極的な
コンセプトになってしまっていました。
R化前の流れもあり、防衛寄りというか後衛職ばかりで、ステイシス乙構成です。。
また、R化後の特徴として、職種<Lv、個人性能<人数というのがあるので、
同規模相手にしか防衛ラインは通用せず、乱戦がデフォですよね。
その時代の中でも、なるべく防衛ラインを維持することに意識した
配置図になります。

以下長文注意。

とりあえずポイントらしきものを列挙。

①第一にステイシス対策。最良手として、WP防衛はナシとし、安全地帯を
利用したステイシス詠唱をさせない。
②広域スキル(JF)によるHSと牽制。これにより、ワンクリ移動を
JF範囲外からに制約し、足止め地帯のすり抜け先が後衛地帯になることを
避ける。
③図の中心辺りを足止め地帯とし、バキューム・地獄の歌・罠を徹底する。
④主広域火力はMSとし、MS+FM+JFであらかた落とす。
個体火力・狭域火力としては、ADSやCLやStB等とし、しぶといRKにはマスカレや
マンホールで対策。
⑤安全地帯では、叫びとジョークを徹底し、いざというときには子守唄を。
余裕があればマンドラも。

以下詳細説明。

構成が後衛寄りなため、ステイシスが通ると戦力が9割くらい飛んでしまう
勢力であったので、防衛ラインを引くには、どうステイシス対策をするのかが
第一の課題となります。
ステイシスは、無敵時間であれ金ゴキであれ、スペブレで阻止できるわけですが
WP出現位置ではPCが重なり、凄腕皿でも100%阻止は不可能だと思います。
なので、どこの砦であれ、WP防衛自体欠陥になります。

ステイシス対策としては大きく2つあり、ステイシスをさせない策と、
ステイシスを解除する策です。

後者の方法としては、クリアランスやリログがありますが、クリアランスは
対象が1PCだったりディレイが長かったりするので、現実的にはリログ一択
になります。
リログすると、ステイシスの効果は消えますが、クーリングタイムは消えません。
したがって、素早くリログし、素早くラインを再構築することで、防衛側が優位に
立つことができます。
これを実行するには、攻め手より素早く行動することと、攻め手を牽制することが
必要になるので、ステイシスが影響しない唯一の職とも言えるRKの数が必要に
なってきます。
また、平地戦で押し上げられる力も必要になるため、基本的に格上相手には
効果なしです。

一方、ステイシスをさせない策ですが。
ステイシスを受けないようにすることも同義とします。
前述したように、スペブレがありますが、実質完封は無理です。
無敵時間ステイシスはWPしないということで避けるしかありません。
平地戦だと、攻め手にも効果がかかってしまうため、基本的には
用いられることはありません。
但し、RKの数の差等で、ステイシスの効果が全体にかかっても、
明らかに攻め手が優勢になる場合は少なく無いです。
基本的にHSとスペブレで対処するわけですが、献身が付いていると
一気に困難になってきます。
但し、前述の明らかに攻め手が優勢、という状況になるのは、基本的に
ステイシス関係なく明らかに攻め手が優勢の場合がほとんどです。
すなわち、ステイシスする必要もなく、ラインを崩せる勢力となります。
なので、このようなケースを考えることは愚である、という以前に、
R化後で格上相手に安定した防衛ラインを考えること自体愚であると言えます。
ともあれ、より防衛ラインを強化するという目的はあるわけなので、
ステイシス対策は最低限できることに限定し、防衛側が有利な点を活用する
配置を考えることになります。

というわけで、ステイシス対策は、平地に防衛ラインを引くことと、
障害物の死角からの詠唱を避けることとしています。

平地戦のため、HSは割合楽になります。
実際JF連打だけでそれなりに十分なHS性能でした。
サクラとブラギがあれば秒間2-3発いけるので、高々5セルくらいしか動けません。
ついでにゴスは100%凍るという特典付きです。
FMがあれば火力も相当なものになるので、後衛職やら適当な装備のPCは
これだけでフルイにかけられます。
抜けてくるPCには、マスカレだけでどうにでもなってしまいます。
金ゴキ所持者は大半がゴスをデフォにしており、ジョークがHSになります。
さすがにそのうちアンフロにしてきますが、紙装甲のため、そうは
脅威になりません。
後衛地帯に到達し、ゴスに着替えたとしても凍りまくるので
特に意味は無いわけですが、RKにはリフレッシュという鬼スキルがあるので、
万全な対策は困難になります。
平地戦をやる以上、金ゴキでなくても抜けられる可能性は十分高いわけですが、
そこは献身を基本とし、HS性能を維持し続けることがポイントになるかと
思います。
1-2PCの攻撃さえ防げればよいので、献身だけでラインを維持するというのも
そう無謀な策でもないと思います。

本配置図の基本はHSによる牽制と足止め地帯の維持でしょうか。
R化後は足止めスキルが豊富になってきていますし、

トータルで見ると、実績からしてもそれなりに防衛有利な点を生かせているとは
思っているのですが。。。
最大の欠陥として、図中右上WPからの攻めがあります。
ノピで1MAPから来れる場所なので、非常に面倒です。
そのためにも、レンジャーは足止め地帯ではなくERと右上WP側を主担当とし、
EmC阻止のためにも、1MAPを行き来してもらうようにするわけですが・・・
実際は余裕でEmCされていましたね。
ノピ利用勢力が少ないので特にケアを強化することはありませんでしたが、
結局は時間稼ぎだけのラインにならざるをえないかなと思います。

その他、プラント等は抜け対策に後方配置としています。
安全地帯のマンドラはかなり効果があるので、できる限り配置させたいところです。

以上ですが、R化後は1つの防衛ラインを維持するのは極めて困難になって来ました。
防衛寄りな勢力なのもあって、メンバーのモチベが下がった要因の一つかなーと
いった感じです。
ただ、平地戦でそれなりにラインが構築できるのならば、特にSEでは、
同じ砦に数点防衛ライン構築ポイントを設け、状況によってラインを下げたり
上げたりすることができるので、一気に陥落すること無く長持ちです。
L5でも一応ERにも防衛ラインのポイントがあります。
実際はER内のポイントがうまく機能するまでには至りませんでした。
ラインを押し上げるまでの力がつけば良かったのですけどね。

とりあえず、職構成は残念な感じですが、平地戦における防衛の基本として、
いかに防衛側が有利となりうる状況を作るか、といったコンセプトで作ったので、
それなりに基礎が押さえられた配置図ではないかなと思います。

カテゴリー: RO, RO配置図, リアル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>