暑いじゃん

これからどんどん暑くなってくるんですかねー。
も~最近主食がそうめんとか冷たい系ばっかりです。
ご飯たかないと。。。

全然関係ない話、というか、興味ある人なんて居ないと思いますが、
シリアルポートをエクセル等VBAで扱うのにとても使いやすいモジュールを見つけました。
EasyCommというやつで、商用にも全然使ってオッケーっていう、素晴らしいフリーソフト。
ポートを同時に開いて制御できるし、シリアルヲタには持って来いですね!

さて、ROの方も結局結構やっています。
TE用のやつを転生させて、取り敢えず90まで上がり。
あとはDDなんですけど、まだ手付かずです。
期間中に間に合うかどうか・・・。
ミンスは今週中にも140になりそうで、やっと献身が通せるようになりそうです。
あんまり献身すると1撃死率が上がりまくりですけど・・・。
あとはミンスを150まで上げきるか、製薬ジェネ上げに切り替えるか。
迷いどころなんですけど、製薬ジェネでオーラ目指すとか、なんという贅沢って感じです。
ステだけの問題ならば、マリコンで充分いけてますからね。

そんな感じですが、Gvは。
先々週はほぼ不参加で、先週はサクラででました。
30分だけ。
もともとサクラメンバーでGv中DD行くってことだったのですが、
確保時間にちょっと遊びに行こうということで。
結果、確保できなかっただけではなく、確保目的で動きすぎて全然対人ができませんでした。
空き家とか下位の下位狙いで動いていたらレースみたいな感じになって、もーさっぱり。
どうせなら確保時間ではなく、Gv始めの30分に適当に攻め回ったほうが楽しかったのでは、
っていう。
そんな感じでしたが、次回は陸奥もサクラも夫々オフってことで、サクラメンツは
傭兵先募集中です☆ミ
多分南でホセっぽいのが募集していると思うのでよろしくお願いします。
7人位居るんじゃないかと思います。

さて、久々の配置図案は。
N3の本命拠点その1、守護石2前防衛ラインです。
U字ゾーンと安全地帯と死角を備えたとても素敵なラインです。
ただ、広めなのとEmCしやすそうなくぼみがあるのが難点です。

前提条件:12人24PC規模(平均2PC)、7割後衛職(桜Gの実構成に基く)。
 
配置図中の構成:
騎(RK)3
暗(GX)1
悪(影葱)2
僧(修羅)1
十(RG)2
聖(アクビ)2
弓(連)1
魔(WL)3
賢(皿)1
錬(ジェネ)2
踊(湾)2
鳥(民)3
魂(リンカー)0
計23PC

安全地帯は言うほど安全地帯ではなく、範囲物理が当たってしまう分壁から離れないとダメです。
あと、下の方の後衛陣の視野外で崖超えEmCができちゃうので上の方にも多少人数を
割かないとダメです。
取り敢えずポイントを列挙。

①JF等による広範囲HSでの牽制。
②U字足止めゾーン手前に火力集中ゾーンを設け、あらかたふるいにかける。
③バキュームは火力集中ゾーンに出し、ワンクリ移動距離に制約を設ける。
④U字足止めゾーンは罠・蜘蛛・凍結を集中し、遠距離物理での個体撃破で対応。
⑤画面左上の安全地帯でマンドラ・ステイシス・子守唄等。
⑥画面右下安全地帯でジョーク・マンドラ等。
⑦ステイシス対策は後衛第2グループ(メインとなる後衛第1グループの上に配置)による
 HS・火力で牽制・処理。
⑧くぼみの安全地帯には逃げ込みの処理役を配置。

あらかたこんなかんじでしょうか。
R化後は、全ての砦においてですが、JF等での範囲牽制は必須だと思います。
水100%耐性装備が流行っていますが、だからといってJFをやめてしまうと
折角の水100%耐性装備に固定させる効果がなくなってしまいます。
脳筋さんはいつでも装備は変わらないでしょうが、ある一定以上考えられる人は
ちゃんと対応してきます。
あと、水100%耐性装備だからといってゴス固定の人も少なく無いです。
ジョークで対応は当然なのですが、素晴らしいことに水100%耐性のおかげで
JFで凍結を割ることがありません。
なので、逆に水100%が普及してるからこそのJFです。
服の属性はフリーになるので、普通に考えたら火アンフロ一択だと思いますが、
魔法火力的にはCLとSoEで個体撃破としては対応できます。
前述の凍結ゴスは最後にゆっくり処理すればいいでしょう。

火力ゾーンは魔法はMSメインで充分な能力だと思います。
同一MAP上に発生するオブジェクト数には制限があるので、逆にMSオンリーに留める、
という策も無くはないと思います。
LoVのオブジェクト消費量は半端ないです。
大規模な攻防となる場合、オブジェクト数も踏まえた戦略が必要かと思います。
物理で広範囲は難しいですが、そこはRK陣に頑張ってもらえばいいと思います。

一番重要なのは、罠より前のHS・火力ゾーンで充分にふるいにかけ、罠の消費を
抑えることかと思います。
なので個体撃破でしか対応が難しいのは辛いところですが、余程の戦力差が無い限り
充分対応できるのではないかと思います。

ライン右の方のくぼみが唯一の難点かと思います。
一応HS・火力ゾーン、JFゾーンを乗切らなければならない場所なので、
そうは侵入されません。
念のため、処理班はそれなりに用意する必要があります。

左上の安全地帯は言うほど安全ではありません。
が、後衛2グループがちゃんと機能していれば充分活用できる安全地帯です。
ジェネはマンドラ連打放置で、肉入りの雷鳥で子守唄と子守唄解除をしまくれば
かなり良い感じの足止め地帯になると思います。
子守唄で足踏み中に、マンドラを浸透させるという算段です。
毒を使われてもマンドラを浸透させれば勝ちですしね。

全体の構図として、
防衛ライン前の足止め地帯→防衛ライン火力地帯→防衛ライン個体火力+足止め地帯
と、ラインを流れる敵勢の量・速度をいかに抑えるか、というコンセプトで組むと
良い感じに処理が間に合うようになるのではないかと思います。

マンドラ等、先手必勝のスキルを充分に活用できる防衛ラインではないでしょうか。
あと、崩れた後も守護石までそれなりに距離があるので、
守護石周辺で再度粘ることもできなく無いです。

カテゴリー: RO, RO配置図, リアル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>