一斉に!

定時に!
退社していく!
人々を生温い眼差しで眺めつつ残業中です。
自分が居る部署の周辺は第1・3水曜が一斉定時退社日なのですが、
この日に残業するのは結構厳しいというか、そこまで厳しくはないものの
殆どの人が定時で退社していきます。
それだけなら、別になんら問題ないわけですが。
自分の所属がよそへ移ったのにもかかわらず、前の部署がある建物で
残業しようものなら・・・・。
元々こっそり残業しちゃおう系のノリだったのですが、前の部署の課長が
ありがためいわくにも残業申請をしようとなさいまして。
結局色々なしがらみの都合上できなくてですね、その課長自身が
代わりに残業、且つ、戸締り当番を引き受けることになったわけなのです。
ただ場所を提供するだけのための残業ってことです。
因みに課長が戸締り当番をした前例は、、、入社6年目になりますが
見たことありません。
因みにその課長は入社29年目です☆ミ
 
まったく・・・・、そんなに逼迫した状況でもないっていうのに。
 
というわけでもなかったりして、実際は途端に慌ただしくなったというか。
具体的には火曜日の午後4時位から急に宿題があれやこれや降って湧いてきて。
期限本日中。
期限明日中。
そんなのばっかw
しかもこんな時に限って自分以外の担当者が全員出張中っていうね。
代わりに高級菓子を買ってきてもらう事になっていますけどね!
基本計算解析なので、パソコンが頑張っている間は微妙に暇だったりして、
こうやってしょーもない記事を書くことができていたりするわけです。
なんか本当、異動して良かったことってなんなんだろうっていう。
 
 
 
そんな感じで、前回の記事ではやけに論述っぽくなりましたが、
実際は全然フリーダム、というより、適当な考えの人間です。
ゆとり教育を受けた世代とか、人事から気をつけろ的に云われましたが、
正直ゆとり世代かそうでないかの区別は殆どつきません。
30代とかでも個性のほうが強いので。
なんか扱われ方が可哀想だけど、実際直で人事活動している人たちは
そこまで意識していないので、特に気にすることはなさそうでした。
 
 
 
さてROのほう。
ジェジェリン狩りは順調ですが、必要経験値が1G超えた辺りから
なんとなくだるくなって育成鈍化中です。
前の記事にも書いたように、BLvはスペシャルファーマシーに
関係無いことが判明したのもあり。
結局BLv150にしてもマリコンは外せないので、BLv140くらいで
完全に頭打ちって感じです。
しかも、ジェジェリンマップと病院マップは同鯖らしく。。。
その影響でアホみたいに重くて、通常時より2割近く効率が
落ちてしまいます。
ラグで死ぬモーションが遅れて出たりとか、1確できなかったと
焦らさせられることも何度か。
まったく困ったもんです。
 
その病院の方もPTに参加してみたのですが。
重すぎなのとMobがついてこないのとで釣りが結構疲れる感じ。
余りゲームで疲れを感じた経験はなかったのですが、
何故かやけに疲労感が。
歳のせいかも知れません。。。
何か釣っていると頭痛がしてくるんですよね。
イライラが脳を刺激しているのでしょうか。
後はなんか、自分で構成や配置考えないと、しっくりこないような
頭になってしまっている感じ。
というか、人に与えられた環境に何も考えず自分をはめ込めるほど
順応性が高くない、といったところでしょうか。
平たくいうとワガママ・・・。
 
なんかGvでも似た感じに。
わざわざ5PC使っているのは結局は自分のためなんですよね。
特に雷鳥は自分専用にしたいがために出している、的な。
5PCで2人前近く行けたらいいかな、という発想なのですが、
そこから雷鳥取ってしまうと1人前にも満たなくなっちゃうじゃないか!
といった感じ。
自分の雷鳥は居ない前提でいてくれ、みたいな。
そこで雷鳥が死んだからーこっちに雷鳥を、っていわれた時に
なんとなく不満を感じたり。
でもよく考えると、というかよく考えなくても動かすのが当たり前
ですよねー。
どう考えてもそのほうが全体的にメリットがあるのですし。
ただ、動かすこと自体正直面倒くさいというか、反応が鈍くても
許して欲しい・・・。
 
そんな感じで、自分の感情に素直になると、かなりわがままになるんだな、
と、再認識させられましたとさ。
人間みんなワガママだよね!^p^

カテゴリー: RO, リアル パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>